【劇団taiga 第5回公演】(※終了)

11月2日に行われた【劇団taiga ~第5回公演~】の様子をアップします。

飾り付けで、大スタジオの雰囲気がガラッと変わりました。新たな発見です。飾り付け演出。演技。音楽。迫力がありました。

 

※前日のサタスト

前日のリハーサルのために来館していた事もあり、サタストに飛び入り参加。地道な宣伝による努力で、当日券もたくさん出ました。サタストで宣伝活動をして、大スタジオでのチケット制のイベントに繋げていく。理想的な流れです。劇団taigaのみなさん、お疲れさまでした。by マツモト秀人

 

大人カレーを作る会 vol.1

先日10月19日(日)に、キッチンスタジオにて「大人カレーを作る会」が行われたのでご紹介します!

主催は“クラココ”ことcafe cloudy-coco-land 358マスター。

本日は『バターチキンカレーの巻』とのこと。

美味しそうな匂いに誘われて、ちょっと味見させていただきましたが、「ウマい!」の一言でした。

開館以来、料理教室に男性が少数参加しているパターンはありましたが、オヤジ男子のみは初めてのこと。みなさんでワイワイガヤガヤ料理されていました。楽しそう!

こうやって使っていただいたことがすごく嬉しかったですね。vol.2以降も開催して頂きたいと思います!

出来上がりを見てもいい感じ!(ノンアルコールビールがあるあたりも男子っぽくて)

次回開催予定があれば交流館からもお知らせしていきたいと思います!!

料理を始めてみたい男性のみなさま、いかがでしょうか?? byくどう

オガールにやってきた

※THE FUTURE TIMESのみなさん

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル、ギターである後藤正文さんがオガールプラザを訪れました。お忍びに近い形だったので、本人だとわかった時は驚きでした。

新しい時代のこと、これからの社会のこと、未来を考える新聞『THE FUTURE TIMES』(編集長 後藤正文氏)。今回は特集号の取材の一環で、オガールタウンの紫波型エコハウス、エネルギーステーションを中心に視察。その他にもオガールベースやオガールプラザの図書館、大スタジオ、音楽スタジオ使用機材などを見学。

とても気さくで謙虚な方で、それは知名度やバンドシーンに与えている多大なる影響、そういったイメージを取り払っても、素直に素晴らしい人だなと感じました。

快く直筆のサインもいただきました。今回のオガールの取材内容は12月5日号のTHE FUTURE TIMESに掲載される予定です。詳しくはこちらをご覧ください→http://goo.gl/UK8t6K そんな日曜日のオガールプラザ全体の様子から。by マツモト秀人

 

ためになる学び

 クリック 拡大

食べ物のおいしさは見た目が9割?という説がありますが、本日キッチンスタジオでは定期的に行われている料理教室のキャラ弁作り。見た目も楽しめて、こどもが喜びそう。右側のお弁当が完成したものです。

次回は、かぼちゃをくり抜き、中にキャンドルを入れたらハロウィンにぴったりなランタンの出来上がり。ということで、10月17日(火)10:30~は「かぼちゃのランタン作り」です。詳しく知りたいという方は、こちらをご覧ください→10月 後半/イベント情報  by マツモト秀人

クリック 拡大

 

紫波町ふれあいフェスタ 2014

 

オガールプラザ内 情報交流館、今年も無事に「ふれあいフェスタ2014」が開催されました。オガール広場には13団体もの「ふれあい屋台」(販売・軽食コーナー)が出店。接客や、ステージでの発表を通して、障がいを持った方々とのふれあい交流を深めるため毎年開催されているイベントです。

※画像クリック 拡大

コンサ-トブースでは、けやき学園、さくら会、平和台病院のみなさんによる音楽発表。ダルダッチ、虹の保育園こどもたちによるパフォーマンスや、手話講座などもありました。スペシャルゲスト枠では、臼澤みさきさんのライブ。ここまで人が立ち止まったのは過去最大ではないでしょうか。開館当初から居るスタッフが言うので間違いないでしょう。画像は1F部分だけですが、階段から2階フロアまでいっぱいでした。

イベント主催 紫波町社会福祉協議会の作山さん、イベントスタッフのみなさま、駐車場スタッフのみなさま、出演者のみなさま、準備から終了まで、お疲れさまでした。by マツモト秀人

 

10月スタート

 

こどもから大人まで学ぶことが出来る習字教室です。講師には、京都教育大学美術科書道専攻卒業 JEUGIAカルチャーセンター元講師でもある平田真美子さんを迎えて。次回は、、、10月9日(木)、16:00~18:30 アトリエスタジオにて。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇒10月前半/イベント情報 byマツモト秀人

 

紫波こびるFM 公開生放送

紫波こびるFMが始まってから約3年半。 第182回目にして初の公開生放送。先日、その会場としてこちらの市民交流スペースを使っていただきました。生ゲストには、番組テーマソングにもなっている1234しわちょー!を歌うfuwala さんを迎えて。オガールプラザの産直紫波マルシェから中継や、 放送後にはじゃんけん大会などもあって、会場は終始盛り上がっていました。by マツモトヒデト

 

Runner

※クリック 拡大

今週木曜日に大スタジオでLIVEが行われました。爆風スランプ ドラマーのファンキー末吉さんによるドラムパフォーマンス。個人的に圧巻でした。もっとたくさんの人に見てもらいたかったイベントです。

LIVEのラストには、私が自信を持って紹介した地元のミュージシャン2人がサポートとして加わり、爆風スランプの「Runner」を演奏。練習なしのぶっつけ本番とはなりましたが、会場のお客さんも出演者も、心から楽しんでいるようでした。出演者は以下の通りです。お疲れさまでした。byマツモト秀人

〇ファンキー末吉(爆風スランプ ドラマー) 、simako(シンガーソングライター)、チェリー&ノーマライズ(紫波町出身フォークグループ)、サポートGt/カマイシタカヒロ、Ba/アベワタル、大沢 正(主催、企画)

3連休の様子・・・

 

1日目(土)、、、51回目となるサタスト、まずはFM岩手で放送中の紫波こびるFMリポーター畠山泉さんがtaigaとして出演、そして大沢バンドさんはライブの宣伝で何曲か演奏。大沢正さんが企画するライブの詳細はこちら→LIVE 夏の陣 暑さなんか吹っ飛ばせ! このように土曜日の夕方はフリースペースとして開放しています。

  

 ※クリック 拡大

2日目(日)、、、秋晴れの中、地ビールのベアレン醸造所さんによるビアガーデンがスタート。整備された芝生の上、皆さんそれぞれのグラスを持参して、ベアレンビールを満喫。オガール内の図書館ではイベント企画「お話し会」を開催しましたが、そちらは子供達に大好評。

終盤には突然の雷雨に見舞われましたが、今年も全体を通して、たくさんの人の笑顔が垣間見られました。来年、再来年とずっと続いていくイベントになることを願って。ありがとうございました。

 

3日目(月/祝)、、、市民交流ステージ1Fでは「癒しの祭典 シンクロニシティ 2014」と題して、癒しをテーマに10ブース出店されてます。それぞれに合う癒しを探せる機会。本日の18時までを予定していますので、体験してみたいという方はお早めに。

2Fでは、小スタジオ1、2を使用してランドセル販売中。毎年恒例となりました。今日が最終日です。オガール広場では、バーベキューをするグループが本日3組。3連休のオガールプラザの様子をお伝えしました。by マツモト秀人

 

オーガニックフェスタinいわて2014 

 

オガールプラザ全体を会場に、2日間に渡って開催。両日ともに快晴。

※クリック 拡大

販売に展示、講演会に音楽ライブ、1階も2階も、外も大賑わい。去年と同様に、情報交流館に設置してある来館者カウンターは過去の記録の中でも上位の人数で、第2回目にして有機栽培、農法の関心の高さが確信へと変わりました。

 

 ※クリック 拡大

※1日目 木村秋則さんによる特別講演 会場は超満員。

  

※クリック 拡大

※2日目 大スタジオ ライブ風景

  

2F大スタジオにて、1日目は映画「奇跡のりんご」でおなじみの木村秋則さんによる特別講演。2日目は、ライブイベント。お客さんは絶えることなく終演までたくさんの人が聴いていました。ライブ出演者は以下のとおりです。

fuwala/澤口良司トリオ&金本麻里:Jazz/TAYUTAピルグリム:ワールドサウンド/大場冨生:スパニッシュ/佐々木重吉と唄の仲間たち:民謡

 

※クリック 拡大

 ※日詰商店街 お祭り 山車

町全体でお祭りやイベントが重なり、オガールプラザだけではなく、紫波町全体が賑やかな2日間となりました。実行委員会スタッフの皆さま、お疲れさまでした。 by マツモト秀人

 

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 37ページ中2ページ目